NT金沢

NT金沢2021は6月26、27日の10:00~17:00に金沢駅東もてなしドーム地下広場にて開催されます。

これは技術愛好家から、学生や教育者、エンジニア、アーティスト、企業など、年齢・経歴・プロアマ問わず 参加し、展示や体験を通してものづくりの感動を分かち合うイベントです。

ものづくりLabからは以下の作品を展示します。

地形図ストラテジーゲーム

製作者:岡野倫太郎 大屋和輝 清水詳太

駒を用い、5×5の盤面で行うストラテジーゲームを作りました。光造形3Ⅾプリンターで駒を作成して,盤面は北陸大学周辺の地形図を積層型3Dプリンターで作成しました。地形に応じた戦略を練ったり,駒の特性を生かしたバトルを楽しめるゲームになっています。1体1体を武士や龍を用いて再現したのでぜひ遊んでください。

BotPhone

製作者:島田龍太郎 前田美響 

生徒が先生を訪ねようとした際、研究室に先生が不在ということがよくあります。そこで僕たちはM5Stackを用いたインターホンを作成しました。これさえあれば先生不在の研究室を訪れた生徒は、ボタンを押すことでその先生のスマホに通知を飛ばすことができます。さらに先生側からこのインターホンにメッセージを送ることが可能なためいつ戻ってくるかを生徒に伝えることができます。これにより生徒と先生の連携がとりやすくなるでしょう。

ものLab脱出ゲーム

製作者:北本伊吹 谷口翔香

初心者ですが初めて使う言語(React Native)で脱出ゲームを作成しました。舞台は私たちが活動をしている、ものづくりLabをイメージしてここならではの謎解きなどを用意しました。時間の都合もあり完璧な作品とは言えませんが楽しんでください。iphone、Androidどちらでも遊べるクロスプラットフォーム対応です。

突き指PCスタンド

製作者:中野和久

友達の就職活動を支援するために、良い音質、ちょうど良い目線に合うような高さを意識したPCスタンドです。裏の木製突き指に注目してください。



一万円でつくる二足歩行ロボ

予算1万円でつくる二足歩行ロボット

書籍を参考に実際に作ってみました。学生がロボットを作りたいというので良さげな本をもとに試作してみました。二足歩行ロボットって数十万かかるイメージでしたがホントに1万程度で作れちゃいましたFusion360でCAD,Kicadで基板設計して中国に発注。届いたら半田付け,組み立て,そしてプログラムというハードもソフトも勉強しないといけなくて難しい内容でしたが,完成したときの感動はひとしおです。